ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

鬼熊

 

竹原春泉画「絵本百物語」より

木曽では年取った熊を「鬼熊」と呼ぶそうで、夜が更けると里にやってきて、牛馬を引きずり出して食い、人のように立って歩くといいます。

サルなどは手のひらで押すだけでたちまち死んでしまうほど力があります。鬼熊は力持ちで2メートルほどもある大石を谷底に落とすこともできると。その石は今も木曽の山奥にあるといわれています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE