ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

鳥山石燕『図画百鬼夜行』より

 

「高女」は女郎屋の二階を覗き込むように下半身がのびた女の姿の妖怪です。

鳥山石燕が描いた妖怪をまとめて妖怪画集『画図百鬼夜行』には、女はにやにやとその顔に笑顔をうかべており、中にいる人間を驚かそうとしているようにみえます。

一説には、高女は醜女で、男に相手にされなかった嫉妬深い女がばけて出たものと言われていますが、正体はよくわかっていません。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE