ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

逆柱

鳥山石燕 『画図百鬼夜行』より

木が、自然に生えていた時とは上下逆に柱に使われたとき、夜中にきしむ音を建てることがあるのだそうです。

有名な日光東照宮の陽明門では、12本の柱のうち、内側の右から2本目だけが逆に下向きに使われているらしく、わざとそうすることによって、魔除けにしたといわれています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE