ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

覚

鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より

「覚」は、人の心を読む山奥に住む猿のような姿の妖怪です。あるとき、でくわした狩人が木を切っていたときにたまたま木の破片が覚にあたってしまったそうです。そのときに、人間は心に思っていないことをするのだな、と山へ逃げていったそうです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE