ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

鳥山石燕『図画百鬼夜行』より

「牛鬼」は頭がウシで体がオニ、あるいは頭がオニで体がウシという妖怪です。

山中で牛鬼にであったときにはじっと見つめられて、見つめられた人は疲れ果てて死んでしまうといわれます。これを「影にのまれる」といって人々はおそれました。そんなときには

「石は流れる、木の葉はしずむ、牛はいななき、馬はほえる」と反対の言葉をとなえると逃げられるそうですよ。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE