ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

火消婆

 

鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より

闇夜を好む妖怪がいます。火消婆(吹き消し婆とも呼ばれる)は、あたりを照らす提灯や、ろうそく、行灯の火が苦手なので、軒先に置かれた提灯の火を息を吐いて吹き消します。

火を消す以外にはとくに悪さはしないのですが、現れるとあたりは真っ暗闇になるのでとても怖いですね。いまは電気があるので心配ないですが、家の中にもあらわれるそうですよ。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE