ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

江戸時代にいたリサイクル業者とは?

江戸時代には、さまざまな修理業者がいて、丁寧に修理しながら、ものを大切に長く使うことが 当たり前でした。
いまでいうリサイクルはしくみとして生活の様々な場面で組み込まれていたといえます。

人糞も農民が肥料として使うために「肥汲み」という業者に引き取られていました。

また「灰買い」という業者もいて、かまどなどで使った灰を買い取ったそうです。引き取ったはいは、畑の肥料や、食器を洗うなどに使ったそうです。

これは、「鋳掛師」といわれる、鋳物製品の修繕などをおこなった業者です。

『守貞漫稿』より

 

ほかに、江戸時代にいたリサイクル業者にはこのようなものがあります。

・雪駄直し

・古傘買い

・提灯張替

・刃物研ぎ

など

 

こうやってみますと、本当にありとあらゆるものが、リサイクルして使われていたのですね。

今、私たちは、リサイクルに協力するために収集所に出すことはあります。しかし、江戸時代のこの知恵は、自分たちでも再利用する方法はないのか、の参考になるかもしれません。まず再利用を考えてみる習慣をつけ、ものを大切に使っていきたいですね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE