ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

武士の正装から発展した江戸小紋とは

江戸小紋はもともと武士の正装である裃(かみしも)から発展したそうです。

参勤交代では各地方の武士たちがたくさん江戸に集まりました。そこで、どこの藩の武士かをわかりやすくするために、特定の柄を各藩の「定め柄」としたのだといいます。

 

徳川家の松葉、紀州家の極鮫などは有名です。

武士の間で発達した小紋はとても格式が高いものでしたが、江戸時代の半ばごろから庶民でも取り入れられるようになったということです。それらは歌舞伎役者の着物柄などからひろまっていったといわれます。

 

一方で、江戸時代には「奢侈(しゃし)禁止令」がだされ、派手な着物が禁止されることになります。そのため、細かい微細な柄で染め上げるような技術も発展し、 遠目には一見無地に見えますが、近づいてみるととても細かな柄がうめつくされている模様がうまれました。

 

江戸小紋の色は、基本は単色です。派手な色が禁止されたこの時期ですので、とても落ち着いた渋い色が多く生まれたのですね。

「四十八茶百鼠」ということばを聞いたことがあるでしょうか。これは48種の茶色と100種類の鼠色があったことを指しています。非常に微細な色味の変化すら楽しんだことが、江戸の粋なおしゃれにつながったともいえるのではないでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE