ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

旧鼠 (きゅうそ)

旧鼠 (きゅうそ)

竹原春泉『絵本百物語』より

昔、厩(うまや)の上に一匹のネズミが住みついていた。夜になると母屋にやってきて猫と仲良くなり、ネズミでありながら猫と争うことはなかったそう。

あるとき、猫が子猫を産んだ後、毒を食って死んでしまうと、そのネズミは夜な夜な、猫の子に乳を与えて、子猫を育てたそうといわれています。

しかし、油を舐めに集まってくるねずみを退治するために、差し向けられた猫に噛みついたという説もあるようです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE