ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

反枕(まくらがえし)

反枕(まくらがえし)

鳥山石燕『画図百鬼夜行』より

朝起きると枕の位置が寝た時と逆になっていたり、どこかにいってしまっていることがあります。

これは、反枕という妖怪のしわざらしいのです。座敷童のしわざという説もあります。

ある宿に目の見えない旅人がとまったとき、宿屋の主人が盲人を山の中に連れ出し、お金を奪ったそうです。それからその霊がすみついて、その霊が泊まったひとの枕を返すようになったといわれます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE