梅雨とは?

日本ではほとんどのエリアで、6月の初めごろから、雨が多く日照時間が短い「梅雨」とよばれるシーズンを迎えます。

気象庁による「梅雨入り宣言」などもあり、入梅(にゅうばい)とよばれ、夏の始まりを表します。たくさんの水を必要とする田植えの季節の目安ともなっています。

梅雨の読み方は、中国から日本に伝わったといわれる「ばいう」という呼び方と、“露”や梅の実が潰れる“潰ゆ”から「つゆ」と呼ぶようになったという説などいろいろあるようです。

梅雨の景色の楽しみは・・・

梅雨

梅雨というと毎日雨が続くので、「じめじめする」とか「洗濯物がかわかない」などマイナスなイメージも多いのですが、この季節には楽しみなことがあります。

それは、「紫陽花」の花です。紫陽花は、この梅雨の時期に最盛期を迎えます。この花の色は、雨に濡れてこそまたしっとりとしたあいまいな花の色の魅力が引き出されるように思います。花の色には、赤系のものと青系のものがあり、赤は土壌がアルカリ性、青は酸性といわれています。あなたの国ではどんな色の紫陽花が咲くでしょうか。

梅雨

また、梅雨ということばには「梅」の文字がはいっていますね。

スーパーの店先に青い梅が並ぶのもこの頃です。いまでも「梅干し」を家庭の味として漬けているうちも多いです。梅干しの他にも梅酒や梅ジュースなど、これから迎える夏にむけて、夏バテ防止にもよいといわれています。

「早く梅雨があけないかなぁ」と梅雨明けを待ち望む声も多いのですが、個人的にはこの雨の時期のしっとりとした雰囲気は心が静まりとても好きな季節でもあります。雨の日は雑音を消してくれる雨音に耳を澄まして、家でゆっくりするのもいいですね。

 

梅雨をうたった詩歌

梅雨

紫陽花や 帷子時(かたびらとき)の 薄浅黄(うすあさぎ) 松尾芭蕉

(意味)

帷子とは夏用の衣を指します。薄浅黄色の帷子と同じ色の紫陽花で季節の変わり目を衣で感じたことをうたっています。

 

薄月夜 花くちなしの 匂いけり 正岡子規

(意味)

梅雨の代表花くちなしの香りに季節を感じたとうた。

スポンサーリンク