長く美しい海岸線を持つ日本海新夕日ライン

新潟市中心街から車を10分走らせれば、春から夏にかけては、遠く臨む佐渡ヶ島のシルエットの中に沈む夕日を、秋には日本海に沈む美しい夕日を見ることができます。

新潟県は南北に長く、331.3キロもの海岸線を有していて、佐渡、粟島とあわせるとその長さは635.2キロにも及びます。

それだけ多くの海に面している新潟は、夕日をながめるたくさんのスポットに恵まれていて、その海岸線は日本海夕日ラインと呼ばれています。

表情豊かな夕日の情景

夕日の情景は、岩場越しだったり、山頂から眺めることができたり、広く海岸線から臨むものであったりと表情もさまざま。

わたしは、夏が終わりに近づき、少し風がひんやりと肌寒く感じられるころの夕日が物哀しくてとても好きです。

あなたのお気に入りの夕日の情景を見つけてみてくださいね。

日没時間は、8月15日ころまでは19時前後、お盆をすぎると18時半頃と少し早くなります。

スポンサーリンク