七夕とは

七夕ときくと、夏の行事のように感じますが、旧暦では7月~9月を「秋」とするため、秋の風物詩のひとつなんです。

七夕は「たなばた」または「しちせき」と読み、日本の節句をあらわす五節句のひとつ。

五節句とは、人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日) がこれにあたり、江戸時代に「重要な年中行事」として幕府が定めた公式行事です。

七夕
七夕の由来

七夕の由来は3つあるといわれています。

  • 「棚機女(たなばたつめ)」が神様のために着物を織り、7日に禊(みそぎ)をしたという説
  • 牽牛星(けんぎゅうせい)と織女星(しゅくじょせい)が旧暦7月7日に天の川を挟んでもっとも輝くので、年に一度この二つの星がめぐりあう日とされる説
  • 古代中国の宮廷行事の乞巧奠(きこうでん)の、機織りや書道など芸能が上達するように祈願する風習から生まれたという説

そのなかでも、1年にたった一度だけ、織姫(織女星)と彦星(牽牛星)がこの日に天の川で会うことができる、というストーリーがロマンチックなこともあり、いまも身近な行事として残っているのかもしれませんね。

七夕
色とりどりの短冊に願い事

7月7日の夜に、色とりどりの短冊に願い事を書き、青竹に飾り、星にお祈りをする習慣が今も生活の中に残っています。幼稚園や保育園でもこの行事を行っているところは多いですし、街中の商店の店先でも見かけます。

七夕
七夕の短冊は「青・赤・黄・白・黒」の「五色」。五色は、古代中国の陰陽五行説に由来し、「木=青、火=赤、土=黄、金=白、水=黒」を表しているといわれています。現在は、黒の代わりに、紫が使われることが多くなっているようですね。

願い事も今ではどんなことでもよいようですが、当時は技芸の上達を願うものだったといわれています。

つぎの七夕も晴れて、みなさんの願い事が天に届きますように。

 

七夕シーズンの詩歌

七夕『七夕の 逢はぬ心や 雨中天』 松尾芭蕉

(意味)

七夕が雨になってしまい、織姫と彦星は会えると有頂天だったのに、こんな天気では有頂天ではなく「雨中天」だという意味をかけた句だといわれています。

スポンサーリンク