神社やお寺を訪れた際に入り口に水を張った手を洗う場所のようなものがありますよね。

これは、手水舎といいます。「ちょうずや」または「てみずや」と読みます。

参拝者が入口で手と口を清めるためのものです。

作法は最初はちょっと難しく感じられるかもしれませんが、慣れてしまうと簡単ですので試してみてくださいね。

 

神社やお寺を訪れた際に手と口を清めるための手水舎の作法

手水舎作法
右手で柄杓を持って水を汲み、左手を洗う

手水舎作法
次に左手に柄杓を持ちかえて、右手を洗う

手水舎作法
両手を洗ったら、再び右手に柄杓を持ち替え、左手の手のひらで水を受け、口をすすぐ(※柄杓に直接口をつけてはいけません!)

手水舎作法
左手を洗う

手水舎作法
両手で柄をもって柄の部分に水を流す

手水舎

柄杓をふせて戻す

※これらはあくまで一般的な内容であり、寺社によって異なる場合もあります。

スポンサーリンク