祖先の霊を供養するお盆とは

祖先の霊を供養する行事で、「迎え火」を焚き祖先の霊を迎え、「送り火」を焚いてまた送り出すものです。江戸時代から一般庶民にも広がった行事といわれています。

お盆送り火では京都「五山の送り火」が有名で、現在は8月16日に夏の夜空を彩る行事として大勢のひとでにぎわいます。

お盆の飾り

現在ではあまり見ることがなくなりましたが、お盆になると、盆提灯をかざったり、キュウリとナスで飾りを作ったりしたものでした。

キュウリの馬には、「馬に乗って少しでも早くおこし下さい」、ナスの牛には、「牛に乗ってゆっくりお帰り下さい」という願いがこめられているそうです。ご先祖を思う暖かい気持ちが込められているのですね。

お盆

お盆になると地方によっては、盆提灯を飾ります。

盆提灯というのはご先祖様の霊が自宅に帰ってくるときに「うちはここですよ」と、目印となるように飾られるようになったといわれています。

お盆

地域によって盆提灯にもいろいろ種類がありますが、お盆のころになるとスーパーなどの店先でも購入することができます。お盆

地域によってお盆の時期も習慣も違いますが、先祖を供養するという目的は同じ。

お盆にはお休みになる会社も多く、集まった家族や旧友とともに楽しい時間を過ごす時期でもあります(^^)

 

スポンサーリンク