ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

面霊気

鳥山石燕『百器徒然袋』より

 

優れた作家の面が古くなると魂を宿すことがあるのだそう。それは妖怪となって夜な夜な動き出し、面の持ち主を探し始める。面霊気は、「付喪神」といって器物が妖怪に変化したもので、持ち主に大切に扱ってくれるよう頼んでくるとか。現代は大量生産で使い捨ての現代。私たちはもっと物に愛情を注いで大切にしなければいけないと、面霊気が教えてくれているようです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE