ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

雨女

鳥山石燕『今昔百鬼拾遺』より

石燕の絵には、「神女として、朝には雲となり、夕方には雨になるといわれている、雨女もこのような類のものだろう」というようなことが書かれています。雨女は、雨を呼ぶことによってときには迷惑をかけたり、助けたりと、どちらの説も残っているようです。掌をぺろりと舐めているこの仕草にはどんな意味があるのでしょうね。

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE