ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

釣瓶落とし

鳥山石燕『画図百鬼夜行』より

釣瓶とは、井戸水をくみ上げるための桶のことをいいます。「釣瓶落とし」は夕方になると一本松から降りてきて、通るひとに釣瓶を落とし、引き上げて食べてしまいまうそうです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE