ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

野宿火

野宿火

 

竹原春泉画「絵本百物語」より

田舎道や夜更けの山中などに出る、誰が炊いたのかわからない奇妙な炎を野宿火といいます。

火が、ちょろちょろと燃えては消えて、消えては燃え上がる奇妙な炎をいいます。

春の桜、あるいは秋のもみじなどで人が集まったあと、人々がいなくなったところに好んで出現するといわれます。

 

新潟では、「蓑虫」(みのむし)と呼ばれる火があり、小雨の降る晩などに表れて蓑の端にくっつき、はらおうとすると全身をつつむといいます。

狐のしわざともいわれていますが、静かにじっとしていれば自然に消えるようです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE