ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

逢魔時(おうまがとき)

逢魔時(おうまがとき)

鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より

「逢魔が時」は「魔物に出逢う時間帯」とわれていますが、とても雰囲気のある言葉だと思いませんか?

この時間帯というのはだれかそこにいるのかよくわからないような仄暗くなった時間帯。だいたい夕方の6時ころをさすのだそうです。暗くなり始める時間帯は車の運転にも注意が必要だといわれています。昔から魔物に出会う時間帯として、注意を促していたのかもしれませんね。

鳥居

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE