ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

赤舌

鳥山石燕『画図百鬼夜行』より

日照りの時に、よその田の水を盗むと現れるという妖怪。姿はかっぱによく似ているが、頭には皿がなく、いつも赤い舌を出しているそうです。昔、青森でひどい日照りだった時、下の村に水が引けず、川上の村に水を分けて欲しいと頼みんだところ、聞き入れてもらえず揉め事になったらしい。しかしある日、下の村にどんどんと水が流れてくるようになり、いくら上の村で水門を閉めてもいつの間にか開くという事態になったそうです。これが赤舌のしわざだといわれます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE