ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

豆狸

竹原春泉画『絵本百物語』より

「豆狸」は、小さい犬くらいの大きさで、いたって賢かったといいます。

自分の陰嚢に息をふきかけて、畳8畳もの広さに広げ、座敷に見せかけたりられるのだそう。人を騙すときには、頭にかぶって化て出たともいわれます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE