ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

鳥山石燕『図画百鬼夜行』より

「見越入道」は、路上に出現する妖怪です。新潟県の佐渡では、夜中に坂を登っている時でるといいます。行く手に立ちはだかり、「おや」と思っていると、どんどん高くなって行き、それを目で追って見上げると、最後にはみている人がひっくり返ってしまいます。

「見越入道」と気づいたら「見越入道、見越した」という呪文をとなえましょう。そうすると目の前からスッと消えるといわれています。壱岐地方では頭の上で笹を揺らすような音がして、その場を黙って通ると笹が倒れてきて死んでしまうという話もああるらしいです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE