ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

絡新婦

鳥山石燕『図画百鬼夜行』より

「絡新婦」は、女の大蜘蛛の妖怪です。

伊豆天城の名瀑、浄蓮の滝には人を滝壺に引き込む恐ろしい伝説があります。

ある日、きこりが、滝の近くで木を伐っていたところ、うっかり商売道具である斧を滝壺へ落としてしまいました。どこからともなく女の声で

「あなたが探しているのはこれではありませんか」

と聞こえ、みると美しい女性が斧を手に岩の陰から身体を半分だけだしています。
「これはあなたに帰してあげます。でもここで見たことはだれにもいってはいけませんよ」という女の言葉にきこりはうなずいて、斧を手に水上に戻りました。しかしある日酒を飲んで、仲間に滝壺の女の話をしてしまいます。その場で眠りこけたきこりは2度と目を覚ますことがなかったといいます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE