ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

神社仏閣を訪れた時、入り口で目にする向かい合った一対の石像。狛犬と呼ばれ、寺社を守るために門前に見張りとして置かれたものといわれます。
口を開いた「阿(あ)」、口を閉じた「吽(うん)」のふたつを一対としておかれているものを多く見かけますね。

狛犬

 狛犬の起源

起源にはさまざまな説がありますが、インド、ガンダーラを経由し、中国にはいり、それが日本に持ち込まれたとされたとされています。

右が獅子、左が狛犬?

平安時代にはいると日本独特の形式がうまれます。向かって右に獅子、左に狛犬、というスタイル。口を開けていて、角がないのが獅子、口を閉じて、角があるのが狛犬ということです。日本では左右非対称を好むという美意識があり、このように変化したのではないかということです。

ただ、角のある狛犬はまだ見かけたことがなく、いまのところ写真を撮ることができていないのです。みつけたらまたこちらにアップしますね。

 

稲荷

ちなみに、稲荷社でみられる狐でえすが、狛犬が守護獣であるのと違い、こちらは”使い”としての役割といわれます。

この写真の狐は玉をくわえていますね。口にくわえているものも玉であったり、巻物であったりします。玉は宝珠をあらわすといわれています。宝珠は、ほうじゅと読み、欲しい物が思いのままに出せるという玉という意味ということなので、とても縁起のいいものですね。

狛犬はなんだか見慣れてしまって、通り過ぎてしまうことも多いかもしれません。わたしもこのサイトを作るための写真をとるようになって実に様々な表情をもった狛犬がいることを知りました。

神社仏閣に訪れた際にはぜひ狛犬のこともじっくり眺めてみてくださいね。新たな発見があるかもしれません。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE