ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

火間虫入道

火間虫入道

鳥山石燕『今昔百鬼拾遺』より

火間虫入道は怠け者の妖怪です。

夜なべをして一生懸命に働いていると、そこにふと「火間虫入道」があらわれて行灯の油をなめて盗んでいきます。火間虫にはゴキブリという意味もあるらしく、そういえばゴキブリは油が好きと言われていますよね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE