ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

鳥山石燕『図画百鬼夜行』より

河童は最もなじみの深い妖怪ではないでしょうか。

頭には水がはいった皿をのせて、手には水かき、時には、背中には亀のような甲羅があることもあります。地方によって「ガメ」「カワタロウ」のように呼び名もたくさんあるそうです。

岩手県遠野市の『遠野物語』には河童の足跡の伝説が残っています。

河童は、いたずら好きで、枕返しなどのたわいないいたずらをします。

また、相撲が大好きらしく、川辺を通りかかるとカッパが出てきて、すもうを取ろうと声をかけてくるそう。勝っても次から次へとカッパがあらわれ、疲れ果ててしまうらしいので、気をつけたいですね。

葛飾北斎『北斎漫画』

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE