ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

江戸はリサイクル社会だった

江戸時代は、国内の物資でなりたっていた『循環型社会(リサイクル社会)』といわれます。
江戸時代の人口は、江戸中期以降で100万人をこえたといわれるほどで、さぞかしゴミもたくさん出たでしょう。

また、この時代は火災も多かったため、大量のがれきも出たと考えられていて、その不法投棄も大きな社会問題だったんですね。

そこでそれらをゴミにせずに使い続けるためのリサイクル業者が誕生したようです。

 

ものを大事に使うということでいうと、例えば、寺子屋では教科書は学校の備品として長く使ったそうです。100年以上使われた記録も残っているといいますから、大切に使ったんですね。

 

米作りでも、リサイクルは行われていました。
収穫後のわらを「わらじ」や「みの」にしたり、米俵もわらで作り、再利用しました。

また排泄物を肥えとして田んぼや畑でつかいました。肥えを集める専門の業者もいたといいます。

役割をおえたものは、また次の用途に再利用し、最後まで使い尽くすことが、この時代には当たり前におこなわれていたのですね。

今の私たちはどうでしょう。
古くなった道具は直すよりも、買った方が安いということがよくあります。
まさに「使い捨て」の時代といえますね。

でももし気に入って使っていた器がかけてしまったら、ボンドで貼り付けてでも大事に取っておきたいと思うのではないでしょうか。そんなときに「金継ぎ」という方法で漆をつかって修復する手法もあります。

江戸時代のリサイクルは、つまりは「ものを大切にする」ことにつながります。江戸時代のひとの知恵から現代のひとが学ぶことは多いように思います。

次の記事ではどんなリサイクル業者がいたのかについてお伝えします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE