ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

手長足長

手長足長

歌川国芳 『浅草奥山生人形』より

手の長い「手長」と足の長い「足長」がふたりで一組みとなって行動するという妖怪です。足長手長と表現されているものもあります。

山形県と秋田県にまたがる鳥海山に、手長足長という名前で呼ばれた巨人の話が伝わっているそうです。手長足長は、麓の村で悪さをしたため、鳥海山の大物忌神に退治されたといわれます。

福島の磐梯山にも住んでいたという話もあり、猪苗代の水で洪水をおこしたり、村人を困らせたそうです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE