ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

手洗い鬼

手洗い鬼

 

竹原春泉画『絵本百物語』より

昔、三里(約120キロ)をも距離をまたいで、海で手を洗う妖怪がいたそうです。120キロというと現在の讃岐市から、海をわたって岡山市まででも90キロですから、軽く瀬戸内海を跨いでいたほどの大きさです。「讃岐の手洗い鬼」とも呼ばれるこの妖怪は、同じく巨人の妖怪ダイダラボッチの一族ともいわれています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE