ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

寝肥

 

竹原春泉画「絵本百物語」より

寝肥は病名「寝惣堕」のことで、女の病の一つです。やたらに眠るのを戒めたものだそうです。

昔、美人の女がいて、寝ると体が部屋中にひろがったようになって、大いびきをかいたといわれます。
あまりにもすごい音なので夫も逃げ出してしまったと。

色気がなく、騒々しいため、たいていの夫は愛想がつきてしまうのだそうですよ。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE