ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

天火

竹原春泉画『絵本百物語』より

肥前(いまの佐賀県あたり)には、時として空から火が降りてくることがあるらしい。これが落ちると、地上を転々としてどこに止まるかわからないそうです。念仏を唱えながら追い回すと「天火」は回転して逃げていく。都合よく郊外にまで追い出せば、人家にはなんの災害は起こらないが、もしにそのままほっておけば、たちまち人家に転び入って、その家を焼き尽くすといいます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE