ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

九尾の狐

九尾の狐

葛飾北斎『三国妖狐伝』より

「九尾の狐」は、その名の通り9本の尾を持つ狐のことです。

物語の中では、美女に化けて、残虐な行為を繰り返したりしたところ、陰陽師に見破られて、退治されたそうです。

しかし恐ろしいのは、その怨念は「殺生石」という石に変わって全国に飛び散ったというのです。殺生石は、栃木県ほかで確認できるといい、今でも生き物に被害を及ぼしているといわれます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE