ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

のっぺふほふ

鳥山石燕『図画百鬼夜行』より

「ぬっぺふほふ」はのっぺらぼうの一種とされます。廃寺などに出てくる肉の塊のような姿をしている妖怪です。あるとき、子供くらいの大きさの塊が歩いてきます。声をかけても返事はありません。『図画百鬼夜行』絵巻には妖怪絵と名前だけしか記述がないため、謎の多い妖怪のひとつです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE