ノスタルジックジャパン

古き良き時代を感じる日本図鑑

ぬらりひょん

ぬらりひょん

鳥山石燕『図画百鬼夜行』より

夕方になり、人々が忙しくばたばたしているころ、どこからともなく現れ勝手に座敷でお茶を飲む「ぬらりひょん」という妖怪がいます。

その様子はあまりにも自然で、家族もだれかよそ者がそこに座り込んでいると気づかないのだそうです。

お茶を味わうと、さっていくといい、人間に危害をあたえるわけではありません。

この「ぬらりひょん」は、妖怪の総大将といわれています。

人間の心のすきまにすっと入り込み、去っていく。はたしてその目的は・・・。


 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE